2010年01月26日

「聞くこと」

もうずっと前から、話すことよりも聞くことに重きをおきたいと思ってきた。そのほうがなんとなく自分にはよさそうだと感覚的に思っていたから。

そして今日、その「なんとなくいいと思う理由」が、ある文章を読んで少しはっきりしたようだ。

よく「聞く」人と、
いいかげんに「聞く」人の差は、
あきれるほど、どんどんと開いていくものなんだ。
人っていうのは、「聞く」人に向かって話すからね。
こいつは「聞く」な、と思えば、
その人のために、どんなことでも話すようになる。
そういうものなんだ。

(ほぼ日刊イトイ新聞 http://www.1101.com/darling_column/index.html

なるほど。
posted by OJ at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

The Mayonnaise Jar and Two Cups of Coffee By Mary Lynn Plaisance

今回、とても面白い話を聞いたので、それを引用することにする



The Mayonnaise Jar and Two Cups of Coffee
By Mary Lynn Plaisance

----------------------------------------------------------------------

マヨネーズの瓶と二杯のコーヒー

----------------------------------------------------------------------

When things in your life seem almost too much to handle, when 24 hours
in a day are not enough, remember the mayonnaise jar and the two cups
of coffee.

----------------------------------------------------------------------

忙しい毎日の生活に追われ、一日24時間では足りないと感じるとき、
このマヨネーズの瓶と二杯のコーヒーの話を思い出してください。

----------------------------------------------------------------------

A professor stood before his philosophy class and had some items in
front of him.
When the class began, wordlessly, he picked up a very large and empty
mayonnaise jar and proceeded to fill it with golf balls.
He then asked the students if the jar was full.
They agreed that it was.

----------------------------------------------------------------------

ある一人の哲学の教授は立ち上がり、自分の目の前にあるいくつかのものを
持って授業に出た。

クラスが始まると、何も言わずに大きな空っぽのマヨネーズの瓶を取り出し、
その中にゴルフのボールを入れ、いっぱいにした。
そして、学生たちにこの瓶はいっぱいかと聞いた。
学生は「いっぱいです。」と答えた。

----------------------------------------------------------------------

The professor then picked up a box of pebbles and poured them
into the jar.

He shook the jar lightly. The pebbles rolled into the open areas
between the golf balls. He then asked the students again if
the jar was full. They agreed it was.

----------------------------------------------------------------------

それから、教授は小石の入った箱を取り出し、瓶の中に入れ始めた。
瓶を軽く振った。

小石はゴルフボールの間に詰まっていった。そして、また学生たちに
この瓶はいっぱいかと聞いた。学生は「いっぱいです。」と答えた。

----------------------------------------------------------------------

The professor next picked up a box of sand and poured it into the jar.
Of course, the sand filled up everything else. He asked once more if
the jar was full. The students responded with a unanimous "yes".

----------------------------------------------------------------------

次に、砂の入った箱を取り出し、瓶の中に入れた。もちろん砂はスキマに
詰まっていった。

そしてもう一度、学生たちにこの瓶はいっぱいかと聞いた。
学生は全員「はい。」と答えた。

----------------------------------------------------------------------

The professor then produced two cups of coffee from under the table
and poured the entire contents into the jar, effectively filling
the empty space between the sand. The students laughed.

----------------------------------------------------------------------

教授はさらに二杯のコーヒーを取り出し、瓶に注ぎ、砂の間のスキマ全てを
コーヒーでいっぱいにした。学生たちは笑い出した。

----------------------------------------------------------------------

"Now," said the professor, as the laughter subsided,
“I want you to recognize that this jar represents your life.”

----------------------------------------------------------------------

笑いが途切れるのを待ち教授は言った。「さて、君たちにこの瓶は
君たちの人生だと気づいてほしい。」

----------------------------------------------------------------------

The golf balls are the important things in life. Your God, your
family, your children, your health, your friends, and your favorite
passions: things that if everything else was lost and only they
remained, your life would still be full.

----------------------------------------------------------------------

ゴルフボールは人生の中で大切な物、たとえば、君の信じる神、家族、
子供たち、健康、友達そして何か君が熱くなれる事、全てのものを
失ったとしても、それらさえあれば、君の人生が充実するものなどだね。

----------------------------------------------------------------------

The pebbles are the other things that matter like your job,
your house, and your car.

----------------------------------------------------------------------

小石はそのほかの物、たとえば、仕事、家、車とかね。

----------------------------------------------------------------------

The sand is everything else: the small stuff.

----------------------------------------------------------------------

砂はその他の物、日常的にやっている細々とした事。

----------------------------------------------------------------------

"If you put the sand into the jar first," he continued, "there is
no room for the pebbles or the golf balls. The same goes for life.
If you spend all your time and energy on the small stuff, you will
never have room for the things that are important to you.
Pay attention to the things that are critical to your happiness.
Play with your children. Take time to get medical checkups. Take your
partner out to dinner. Play another 18. There will always be time
to clean house and fix the disposal.

----------------------------------------------------------------------

教授は話を続けます。もし、君が砂を最初に瓶に入れてしまったら、小石や
ゴルフボールの入る隙間がなくなるでしょう。人生も同じことですよ。

もし君の時間を些細な事に費やしてしまったら、大切なことに使う時間が
なくなってしまう。

何が自分の幸せに必要なことなのか注意しなければいけない。

子供と遊びなさい。健康診断に行きなさい。あなたの連れ合いと
外食に行きなさい。18歳だったときのように遊び心を持ちなさい。
家の掃除をしたり、ガラクタの始末はいつでも出来るんだから。

----------------------------------------------------------------------

Take care of the golf balls first; the things that really matter.
Set your priorities. The rest is just sand.

----------------------------------------------------------------------

自分にとって、もっとも大切なもの、ゴルフボールをまず大切にしなさい。
優先順位を付けるんです。そのほかの物は全て、砂ですから。

----------------------------------------------------------------------

One of the students raised her hand and inquired what the 
coffee represented. The professor smiled. "I'm glad you asked.
It just goes to show you that no matter how full your life may seem,
there's always room for a couple of cups of coffee with a friend."

----------------------------------------------------------------------

生徒の1人が手を挙げ、コーヒーは何を表しているのですかと聞いた。

教授は微笑んで「聞いてくれてありがとう。それはね、人生がどんなに忙しく、
余分な時間なんて無いように感じても、友達とコーヒーを飲む時間は
いくらでも作れるもんだ、ということなんだよ。
posted by OJ at 10:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

田中将明

誰か田中将明って知っとるかな?



俺は知らん。


やから、もし、なんかのニュースで「田中将明さんが、どうかなりました。」っていう事がながれたとしても、きっとそこまで注目せんかもしれん。
(もちろん、田中将明という人が、自分の知り合いの知り合いで、実は自分に結構かかわりがあったということが分かれば、話はきっと変わってくるけど)


ロバータという人はどうか?

知っとる。

俺にとってロバータといえば、インドで出会った大学生。ハイドラバードという中央インドの都市で大学院に行って歴史を勉強している。俺がインドにいたときには、とても世話になった。真面目で、ちょっと恥ずかしがりやで、それでもめっちゃ優しくしてもらった。

それが俺の知っているロバータ。


もし、ここでハイドラバードという都市に何かあったとしたら、例えば天災でもどこかからの攻撃だとしても、そうなればきっと自分はロバータの事を思い出して、心配する事になると思う。

インドのハイドラバードという都市は、もうすでにただの都市ではなくて、俺の中ではとても「自分と関わりある都市」となっている。
そしてどこかでロバータという名前を聞けば、まずは彼の顔が出てくるのだと思う。


そんなもんかな、と思う。
もちろん、無条件に世界のすべての地域を人々を愛せるような人ももちろんいるだろうけど、俺はやっぱり自分に関わりのある地域や人になってから関心が出てくる。

そしてその分、「世界を知る」という事は、(世界で何が起こっているか、とか遺跡や文化を知るという事ももちろん大切という事があるけれど、)だんだん他の地域や人を自分の関わりのあるものにしていくことだと思う。


posted by OJ at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月03日

なんでバレーが好きか、そして勝ちたいのか

ほとんど毎日のようにバレーをして、
そのためにトレーニングをして、
普段おとなしい自分がバレーのときはちょっと違って、
自分の感情を出して、
ミスをすれば自分にも他人にも腹を立て、
いつものようには感情が自分で制御できなくなったりして、
負ければ試合後少しの間めっちゃ沈んでいて、
めっちゃ悔しい思いも数多くしてきて、
それでも相変わらず毎日のようにバレーをする。

そのことについて最近少し考えた。

まず、こんな自分がずっとバレーを続けてこれたのは、
こんなに勝手な態度をとる自分に、愛想をつかさず仲間でいてくれたチームメンバーのおかげだ。


そして、どうして自分がずっとバレーを続けていきたいと思ったか。

それは、一つ前の話にあったようにまた、「形」と「本質」ということが大きく左右しているように思う。

スポーツって、普段の生活から比べればたぶん少し特殊な環境で、普段見えにくい「本質」が少し見やすくなっている場だと思う。

この場合は、
「形」=その人の見た目。身長、体型。
「本質」=実力。

例えば、バレーに関して言えば、ガタイがすっごいいいとか、身長が高いとかが、「形」の面では優れている。
けど、実際プレーしてみたら、もちろん、その「形」がいい奴が必ずしも上手い、実力(「本質」)が伴うというわけではない。

つまりスポーツというのは、ある意味、見える形ではあるけれど、「本質」で勝負できる場所なんだと思う。

自分のこれまでの人生は、幸か不幸か、「形」によって、自分の実力以上のことを他の人から評価してもらえることが多かったように思う。
(例えば、何にも考えてなくてぼーっとしている時に、風貌や哲学を勉強しているといったような「形」を評価の基準として、「彼はたぶん何か考えている」みたいな感じで。)

だけどバレーをしているときは、自分のバレーにおける「実力」(「本質」)というのは、見ればすぐに分かってしまう。その時だけは、自分は自分の本質そのままを人から、そして自分から評価されるときなのだと感じている。
「形」のない自分。
「本質」としての自分。

今までの人生の大半を、「形」として勝負してきた自分にとって、「本質」だけの勝負の場にいれば、自分は追い込まれるし、そして本質を伸ばすしかないと実感する。
本質を鍛える場所であり、判断基準となるトレーニング、バレーにおいては、こだわらざるを得ない。
そして、もちろん、試合内容が大切ということは重々承知の上で、バレーの試合で「勝つ」ということも自分にとってはとても大切な基準のひとつになっている。
posted by OJ at 05:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

今日感じたこと

昨日、今日と今の自分の状況についていろいろ考えとったんよ。
最近弱音を吐くことが多いなぁとか、弱音を吐くことで自分の気持ちを下げてしまって、嬉しいことでさえ見えにくくしてしまっているようだ、とか。まあでも今、しんどいしなぁ、誰かに助けてほしいなぁとかいろいろと。
そんなことをしてたら、今日の朝思いついた。
「誰も俺のことは助けられん」って。
これは、なにも自分がめっちゃ不幸でどうしようもないとかいう意味じゃなく、いい意味でも悪い意味でも事実かなと思う。

たぶん、人は他人のことを救うことはできんのやって。
自分のことに忙しかったり、自分こそ一番苦労しているとか思ったり。
もしくはただ他の人を救うということに対して十分な興味が持てんかったり。
他の人を援助するくらいやったら、時々できるんかもしれんけど。

まあ、とりあえずは「誰も俺のことは助けられん」っていう結論にたどり着いたわけ。
そうすると、絶望、寂しさとは違って、なんか気持ちがスッとした。

今まで答えを探していろいろ訪ねてまわって、それでも見つからずにいて。
そういったことが一気に吹き飛んだって感じかなぁ。

もうすこし言えばこのときに得た感情は岡本太郎流の爆発に当てはまった気がした。
岡本太郎は俺が尊敬する人の一人であり、「芸術は爆発だ」の発言で有名な芸術家である。
ただ、彼の言う「爆発」っていうのは音も光も全く出なくてただ全てがパアーっと広がっていくことをいう。

自分があの結論にたどり着いたときはまさにそんな感じで、派手に何かが起きたわけではないけれど、今までのつらい気持ちを突き破って何かしらの喜びの感情が広がっていくみたいな感じやったんよ。

これが、今日感じたことでした。
posted by OJ at 12:08| Comment(3) | TrackBack(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月06日

The reason I came to the U.S.

Why I came here?
This question tells me the direction what I should do now.

One of the answers is the "study."
Lots of international students are very hardworker, and they say they are very busy because of studying.
It is very true. But not for me.

I wanna experience lots of lots of things even they are not good to me.
Every single experience I encounter help my growth somehow.
Every single person I met gives me a new perspective.

I know, this time is my last chance to stay in the U.S. in my life. I can come over to here in the future, but it will be just for vacation or short-term.
Now is the time to do whatever I want to do.

Lately, I feel I'm very lucky because so many interestings came to me.
And, I want to do more. I cannot stop myself to pursue the chance which helps me grow.
posted by OJ at 07:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

自分の将来

今回は自分の将来について書くことにする。
自分がこれからどうしたいか、まだイマイチはっきりしないからこそ書こうと思う。

まず、前から思ってきたこととしてはNPO (non-profit organization)で老人のために働きたいと思っている。こっちにきてからしたボランティア活動や、日本の現状を考えると、とても有意義であると思う。特に、今は老人に働く場、もしくはボランティアをする場を与える仕事をしたい。これだけ多くの老人がいるなかで、その人達をもし上手く動かせるのならば、まだ何か社会に貢献したいと思っている老人達に対して意義のある時間を提供できるし、社会はその人達から多くを学ぶことができる。
この意味で、日本を変えたいと思う。そしてその可能性はあると思う。


ただ、最近思い始めたことなのだけれど、やっぱり世界がもっと見てみたいなぁと。
この夏に “The World is Flat” で有名な Thomas Friedman の別の本を読んだことがあって、それによると彼がNew York Times のeditor を始めたきっかけは、仕事をしながら世界中を旅することができたからであったらしい。それなら自分も新聞社に勤めてはどうかと。卒業後、何かの仕事をする傍ら、日本語の文章を書くことをどこかで勉強して、新聞社の海外記事担当でいくかなと。ゆくゆくは世界を旅していく中でルポを書いて、それをメディアに投稿して生活していけたらなぁって思った。ただなかなか実現するのは難しそうな気もする。

そんななか、今日授業中ひらめいたのだけれど、海外で日本語を教えてみるのはどうかなと。今取っているスペイン語の先生もスペインで英語を2年間教えていたということの影響もあるけど。卒業したらどこかの国の日本語塾かなんかで働くかな。ただ、アメリカで日本語を教えてもおもしろくなさそうだし。そんな話をちょっと友達としていると、インドネシアとかフィリピンならそんな可能性がありそうだとかなんだとか。卒業後は東南アジアに飛ぶか。おもしろい。

posted by OJ at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

続ける

なんかいろいろやっていると、
やっぱり途中でやめようかと思うこともあるんよ。

やっていること自体が楽しいときは全く問題はないのだけれど、
やはり全てが常に望んだようにはいかないわけで。


でも、そんな中でもう少し頑張ってみる。
そうしたら、なんか、その先の結果というより、
その頑張って続けてみるということが
いつのまにか自分の目標になっていって。

今まで何かを得るために頑張ってきたはずが、
その結果というよりただ続けてみるということが、
自分の中で大切になってくる。


今まで、頑張った賞品というか、新しいことをしたことに対して、
成功すれば自分に何かプラスされるのを望んできたみたいなものだ。

例えば、クイズ大会で頑張って優勝すれば賞金をもらえるみたいな感じ。

ただ、そこで「頑張る、挑戦する」ということに目標が移ってしまうと、
その先の賞品がどうとかというより、もう自分との勝負になっていて、
「勝てればいいなぁ」から「負けられない」みたいになってくるわけよ。

また例えるなら、「敵の領地に戦いに行って、勝てればその領地を得られる」から
「敵が自分の所に来て、負ければ自分の領地が取られる」みたいな。


結局よく分からなくなるんよね。
頑張り続けた先に何がまっているかとか。
でも、それでも続ける。
それもまたいいんちゃうかなぁ。
posted by OJ at 08:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

deepとgrowth

アメリカに来て、事あるごとに言っている言葉の中に、
"deep"と"growth"というものがある。

"deep friend", "deep conversation",そして "personal growth"などが主な使い方である。
つまりは、自分は深い話が出来るような親友が欲しいと常々思っているし、起こしている行動は全て自分がいかに成長できるかということを中心にすえて今までやってきた。それは場所がどこに移ろうと変わりそうにない。

ただ、ふと思ったのだが、これだけ自分の中心であると思われる考えでさえ、実際のところは自分もそれがいったい何なのかということは分からないでいるのだ。

何が深い話で、どこまで行けば友達は親友になるか。何が成長であり、どうすれば成長できるか。そしてどこまで成長すればよくて、その先になにがあるか。

今まで親友を得ようと、そして自分の成長を目指して進んできたものの、結局はそのもの自体が何なのかということがよく分かっていないというのが実情である。

よくよく考えてみれば、多くのことがよく分からず、それでも今までなんとなく分かったような気分で過ごしてきたようだ。

今まで、なんとなく聞こえのいい答えをどこからか持ってきて、それをよく知らずに自分の価値観の基準のひとつとして採用してきたように思う。それは確かそうに見えていたのだけれど、実はそれほどよく分かっていないものである。



そんな不確かなものをもってみんな生きていっているのである。そんなものが自分の中心にあるというのはなんとなく気色悪いものではあるのだけれど、今はなんとなくその気色悪さに惹かれているように思える。不確かな分、とてもおもしろいではないか。

そういえば、ハリウッド映画などでいい者と悪役が戦うなんてストーリーはやはり作り物であって、実際はきっと双方ともお互いの正義があって、行動する理由があって、何が正しいことかを見つける事は大変だと思うんだよなぁ。
posted by OJ at 14:34| Comment(3) | TrackBack(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月01日

ほんのちょっとした頑張るコツ

人は何らかの意図を持って行動に移し、物事をやろうとする。

ただ、多くのことはただ一瞬頑張ればいいかといえば、そうではなくて、

頑張り続けなければいけない。

その持続が力になっていくということはみんな知っているのだけれど、

続けるうちにしんどくなってきてしまうものなのだ。

そうしていつのまにかやめてしまうということはほんとうに誰にとってもよくある話で、

今度こそはと何か違うことにチャレンジしてみても、

やっぱり続かなかったり。


これが新しく始めるような趣味とかならいいものの、

勉強、仕事、ダイエットなどそれこそ人生を大きく左右するようなものになってくると

更に「日々続けること」というのが成功の鍵であることは間違いない。


とは簡単に書けるものの、続けるのは本当に大変。

そこで、今までの考えをちょっと転換。


今まで、頑張るコツとして「初心を思い出せ」とは本当に使い古された言葉だと思う。

確かに何かを始める前には、なにかそれに惹かれるものがあって、

それを始めたわけだけれども、時間が経つうちにその思いを忘れて

つらい「やること」が目の前にあるだけ。

そしてしんどくて止めてしまうのではないか。


そこでこれからは「初心を思い出せ」というのはやめてしまっていいじゃないか。

忘れてしまうというけれど、それこそ初心を思い出そうということは

昔を思い出すということで、

忘れそうになったり、見えにくくなってしまうのは当然じゃないか。

だからこれからは、「初心」というものはスタートのための燃料、

頑張りを持続させるためのものではなく、ただたんにスタートのため、

それでいいじゃないか。


そして持続させる燃料として先を見てみようではないか。

初心を見ようとするから難しいんだ。

それはたった一つしかなく、しかも時間が経てばたつほど遠くへ行くものだから。

そうではなくて先を見る。自分が頑張った先のポイントを想像してみる。

しんどくなったとき、その場その場で先を想像してみる。

それは本当に遠い先でも、それこそすぐ近くにある先でもかまわない。

そうして見た「先」は色あせることはない。忘れることは無い。

だってその場その場で出来ていくものだから。

毎回違っていったってかまわない。人間は時々刻々と変わっていく生き物なので。

そうして更に成長を。
posted by OJ at 11:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。