2008年03月24日

平和ボケ

「平和ボケ」

別に最近流行ではないけど、時々聞く。
少し前に聞いたという思いでもある。

「最近の日本人は平和ボケしすぎて、だめだ」とか。
いつもネガティブな時に使われて気がする。


ただ、その事を最近思い返して、実は「平和ボケ=駄目」という安易なイメージを考え直してみようと思い始めた。



俺は、自分達の祖先が、命を賭して戦争を戦った事に本当に感謝している。
軍部に強制されたという話が本当かどうかはおいといたとしても、彼らが特攻隊のようなかたちで自分の命をなげうってでも戦い抜いたのは、確実に愛する人のためであり、その子供達のためであったということは間違いないと思う。
「どうか自分達の子供達の代には、こうして命を懸けなくてすむような平和な時代が訪れますように。」そうやって死んでいった兵士は少なくないと思う。


そうして今、自分達が生きている。
いろいろな問題はありこそすれ、第二次世界大戦以降、日本人は命をかけて戦場で戦う事は無くなった。

これこそ、あの戦争で無くなった多くの兵士が命を懸けて望んだ事ではなかったか?

もちろん、生き方という意味でこれから考えていかなければいけないことはたくさんある。でも、このことを考えると、現在の日本の「平和ボケ」というのは、単純に蔑んでつかえるものでは無いと感じる。
きっと、感謝するべきで、もっと重いもの。
簡単に、駄目とは言えないと思う。
posted by OJ at 16:13| Comment(2) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
思ったんだけど、OJのそれは平和ボケじゃない気がする。
平和であることが当たり前で、自分と戦争は関係ない、みたいに思ってることが平和ボケっていうんじゃないかなあ。
Posted by みお at 2008年03月25日 08:27
「平和ボケ」って戦後の一部知識人と呼ばれる人たちの危機意識から作られた言葉なんじゃないかなぁ。OJがいうまでもなく、現代の日本を見て平和であること自体を蔑んでいる日本人って、よほど特殊な思想を持っている人を除いていないと思うし。メディアの報道を見ていると、実際には「ボケている」と思われるほど、国の平和を守るための対策も遅れてはいないと思うよ。言葉って本当に不思議だよね。
Posted by Ken at 2008年03月25日 14:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。