2008年02月11日

前回のブログの補足

一つ前のブログの記事について。

あの文章のおおもとにある話は、実は聞いた話を参考にしていた。
というのも、この冬の旅で、一人の年配の女の人にあった。
そして、その人の話が大きく影響している。

その人と過ごした時間は短かったけれど、この陰と陽の話のほかにいくつか話を聞いた。
その中には、今後の自分が目指すべき道を示してくれるものもあって、本当に面白かった。
短時間の中でもいろいろ学ぶところがあり、これからもいろいろ教わりたいと連絡先を交換した。



しかし、一週間ほど前に、その人が亡くなった事を聞いた。
これから、その人からいろんな事が学べると楽しみにしていたのだが、こんな結果になって本当に残念で仕方がない。

他人から本当にいろいろな事を学べると、最近つくづく思う。
どの人も、なにか興味深いところを持っていて、あとはそれが引き出せるかどうかになってくるのかもしれん。

今回はとても残念だった。
そしてこのような事は、またいつかあるのだろうとも思う。
今回、運良く出会えて、話が聞けて、そして残された自分にできる事は、まず自分で考えて、そしてそれを他の人に伝える事だと思ったので、こうして遺しておくことにした。
posted by OJ at 15:41| Comment(3) | TrackBack(0) | 生涯の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうだな
一度逢えて教えを受ける機会が在っただけでも良かったと思おう

ただ慰めにはならないかもしれないが、「全てのコトは完璧なタイミングで起こる」というコトは知っておいた方がいい(どんなにアクシデンタルに見えるものでも)

だからその人はもう教えるべきものは全て大路に渡して行ったんだと思うよ

ちなみに前回の自然観のコメント俺ね(署名忘れたw)
Posted by 雄大 at 2008年02月11日 18:04
ほんまそう思うで。
その人の死というのは、他の人にはもちろん違うインパクトを与えたやろうけど、俺にとっては、書いたような印象を受けたわけ。
あとは、自分がそれをどう活かすか、やね。

また、こんな話題についても雄大の話聞いてみたいな。


それと、俺の漢字、違うでー。
Posted by OJ at 2008年02月11日 23:56
すまんww
Posted by at 2008年02月12日 13:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/83496288

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。