2008年01月17日

Jとの対話

"The history of human being is much bigger than we are taught."



俺がこれから書く事は、とてもクレージーだと分かっている。それでも、それがただのフィクションだとは思えない。



「この世界は、少数のあるグループの利益のために、コントロールされている。」

世界中のほとんどの人が知らないだけで、俺らは利用されて、ある人々の手の内で動き回っているにすぎない、とJは言った。

そしてそのあるグループはフリーメイソンであるかもしれない。

ある大人気の歌手、多くの人が知っている大企業、そして政府までもがその支配下にあるのだと考えている。
実際、多くのソースがジョージワシントンを含め、数多くの大統領がフリーメイソンだということを証明している。


もちろん、この考えは鵜呑みにするわけにはいかない。

何も知らずに、この考えに賛同するのは、とても危険だ。


それでももしそれが本当だったら、とても大変な事になる。

この話を聞いたときに、映画「マトリックス」の事を思い出した。
あれはただの映画ではなく、現実である可能性がある。


もしそれが真実であれば、今享受しているこの生活は、実は作られたものであり、その中で、自分は動き回っていることになる。


真相はまったくわから無い。もちろん、ただの妄想である可能性も十分にある。

けれど、これを知ってしまった以上、もう無視してはいられない。

今からリサーチを開始することにする。
posted by OJ at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 生涯の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/79080086

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。