2007年09月23日

バレーを教える

今のところ、平日はバレーを教えていて、
その分週末は、自分のためのバレーをしている。
もうすぐ、今年もまた大学内での対校試合が始まるので、
それで勝てるように、自分自身も鍛えておかなければいけない。

自分のチームの練習が最近、日曜日にあり、
そこでは、参加するのは、大学在籍のチームメンバーというように
とてもかぎられている。
なので土曜日は、チーム以外の人を呼んでの練習をしている。
なので土曜日は、その週ごとに来てくれる人によって、
練習のレベル、内容はさまざま。
ただ、今までバレーを通して人と仲良くなってきたので、
こうやってさまざまな人とバレーをする時間は自分にとってはとても大切な時間。


こないだの金曜日に、教えている生徒達に、よかったら土曜日に大学で自分の練習があるので来ないかと誘ってみた。
すると、生徒の二人が興味を示してくれて、実際に今日来てくれた。
他に今日来てくれた人は、もう一人のコーチと、あとバレーを本格的にやったことは無いけど、僕の呼びかけに応えて来てくれた子が4人。

だったので、今日は、来てくれた高校生2人に、その4人にバレーを教えてもらうことにした。

ちゃんとうまくまわるだろうかと始めは心配だったが、なかなか上手く教えているように思えた。もちろん、彼女達2人にとって、「バレーを教える」というのは、ほぼ始めての経験だったみたいだが、それでもうまくやっていたように思う。

おもしろかったのは、教える時って、自分達が普段あまり出来ていない所も教えるんよね。例えば、ボールを待つ時は少しかがんで待つ、と教えていたけど、普段は生徒二人もあまり出来ていなかった。それでも教える側になって始めて意識しだして出来るようになるというか。
これこそが、今日の狙いであり、収穫だった。

彼女達は、バレーを他の人に教えていく中で、人のプレーを見て、そして自分達の動きを矯正していくっていうことが少しでも今日、経験できたみたい。

そういう意味で、少し戸惑いながらも付き合ってくれた4人にはとても感謝している。

今日来てくれた生徒2人は、とても貴重な体験が出来たみたいでよかった。終始、彼女達が言っていたのは、「教える」ということは、とても難しいって。彼女達が今日の練習をどこまで楽しんでくれたかはわからないけど、今日の経験は、これから彼女達がもっとバレーが上手くなろうとする中で、きっととても役に立ってくると思う。

posted by OJ at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Volleyball coach | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。