2007年09月21日

映画のようにいくわけはなく、

いやぁ、今日はさすがに疲れた。
あれだけ月曜に落ち込んだはずやのに、またふざけた練習に戻った。
あの月曜の落ち込みはなんやったんやろ。

たぶん、火曜の試合で勝って、調子に乗ったんかもしれん。

結局、練習の最後のあたりでみんなを集めて話をした。
練習をふざけて楽しんでいたら勝つことはできん、って。
そうすると、いつも試合に勝つときは楽しんでやっているし、これでいいんじゃないの、見たいな事を生徒が言ってきた。

それを聞いた時に、もう疲れてしまって、
「じゃあ、これからはもう練習中にふざけていることに対して、何も言うまい」ということを伝えた。
これでよかったのかは分からないけど、その時はもうがたがた言う気は無くて。

なんか、とっても疲れた。


練習後、2年生のチームのコーチと話をした。
じゃあ、そのチームも同じような状況らしい。
走らせたり、しかったりして、その時は効果があるけど、ちょっと時間がたつとすぐに忘れてだらだらとしだすそうだ。
そのときコーチと話をした時に印象に残ったのは、
「映画みたいにはいかないもんだ」ということ。

映画みたいに、
誰かがめっちゃいいスピーチをして、
それをきっかけにチームがまとまる、みたいな。

そんなふうにはいかんなぁ。
すぐに、忘れてしまうから。


そのあと、ヘッドコーチに少し話をした。
彼がうけもっているのは、3年のチームで、もともともやる気があるから、うまくいっているのも確か。
ただ話をしていると、
「いかに、生徒たちを忙しくさせるか。話をする間を与えないか」ということを考えなければいけないようだ。」

今までは、自分が今までにしてきたようなオーソドックスな練習をしてきただけだった。もっとクリエイティビティを働かせていかなければいけない状況に来たみたい。
どう、常に13人を動かすような練習ができるか。
また、バレーのことばっかり考えて、勉強が手につきにくい日々になるかも。
そんなことを考えていると、疲れているけど、まだやれる、やることはある、っていう気持ちになってくる。

バレーのコーチはなかなか大変で。
たぶんこれがバレー以外のことやったら、あきらめているかもしれんけど、バレーに関しては、どうもそういうふうにはいかんのよね。
posted by OJ at 00:51| Comment(2) | TrackBack(0) | Volleyball coach | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ii keiken shiteiru to omoimasu
akiramenaide.
damemoto de アシスタントコーチtuduketeyo.
Posted by tomo at 2007年09月21日 14:35
ありがとう。
今回は絶対あきらめんと続けるよ。
それに、いろいろ大変なことはあるんやけど、やっていてやっぱり楽しいんよ。
Posted by OJ at 2007年09月23日 21:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。