2007年04月06日

日本半周くらいの旅。1−3日目

今は北海道。
札幌在住の友達につれてきてもらった小樽商大のパソコン室でこれを書いている。


バイトが3月末で終わり、青春18切符が四月10日までつかえるということで、電車を使っての旅に出た。

神戸から名古屋に行って、東北通って北海道へ。それから東京に行き、夜行バスで神戸に帰る日本半周くらいの旅。

今はそれほど詳しいことは書かずに、ある程度さらっと何をしたかを書くことにする。(疲れてるから) 家に帰ってからもうちょっと詳しく書こうと思う。


1日目
朝の9時ごろ家を出発。まずは一路名古屋へ。
青春18切符の性格上、使える電車は普通か快速、もしくは新快速だけ。特急は使えない。
それでも9:30に神戸を出て、13時までには名古屋に着いたので、以外に近い。

名古屋では、RENOからの先輩と待ち合わせ。おいしい食べ物屋に連れて行ってもらったり、大須ってゆう盛んな繁華街。夜は夜桜を見に、名古屋城へと行った。いやぁ、やっぱ桜はいい。

一応テントと寝袋を持参しているのだけれど、その夜は、その先輩の彼氏さんの家に泊まらせていただいた。本当にありがたい。その夜は台所に寝袋を敷いて安眠。


2日目

朝からまずは急いで万博跡地へ。やっぱ名古屋にきたら「メイとサツキの家」は外せない。結局、休みで内部は見られなかったものの、ちょっとした展望台から見た。モニュメント自体は、そこまで大きくなかったが、やっぱいい。

急いで名古屋駅にもどり、そこから長野と山梨を通り、東京へ。電車内で、向かいのおっちゃんとしゃべったり、途中の駅でそこの名産品「おやき」を買うなど、これが旅の醍醐味かなー。

新宿に着けば、吉野家で豚丼。そしてそのまま新潟行きの夜行電車へと乗り込む。実はこの夜行電車が今まで利用した公共機関の中ではかなりきつい。夜行のくせに電気がつけっぱなし。帽子を使ってがんばって寝る。

この日は電車に乗りっぱなし。


3日目

朝5時に新潟着。一時間半くらいあった待ち時間を利用して、朝の散歩。そこで見た信濃川は大きかったなぁ。

次は秋田。
秋田でも下車して、少し町を散策。秋田といえば「きりたんぽ」だと思っていたけど、案内書の人に聞くと、そうめんのようなうどん「稲庭うどん」ってのも有名らしい。せっかくということで食べてみると、さっぱりとしていて、でもそうめん以上にコシがあっておいしい。

その後、青森、青函トンネルを通ってその日の目的地函館に到着。夜遅いこともあって、夜景を見るためのロープウェイがもうしまっていた。なのでその辺で一番の繁華街である五稜郭周辺へ。お目当ては漫画喫茶。入るまでに時間があったので、夜10時過ぎに一度五稜郭へ行ってみたが、暗くてほとんど何も見えず、ちょっと怖いので次の日の早朝にもう一度戻ってくることにする。
漫画喫茶でちょっとはネットをするつもりだったけど、もう疲れていて、寝てしまいました。



posted by OJ at 20:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 遊学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おつかれさまです。
Posted by とも at 2007年04月07日 05:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37961002

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。