2007年02月19日

同和問題1 「入門 部落問題一問一答」

同和問題、いわゆる日本における差別問題である。

世界における人種差別。
たとえばアメリカにおける黒人差別。
それは、良くないことではあるけれども多くの人々からの理解があった。それは白人ー黒人という肌の色の違いがあったから。

しかし日本における「えた、ひにん」に対する差別については、なかなか世界の人々は理解しにくかった。それは差別する側とされる側の間になんの外見的違いがないからである。
そしてそれゆえに、日本における差別問題を「同和問題」ということが多い。

最近になって、間接的にはあるけれど、この問題について考えさせられる状況にあった。
今まで、日本での「えた、ひにん」に関しての差別なんかはとっくになくなってしまったと考えていたけど、実はそれは幻想であった。現在でも、まだ日本人の中にこの問題は、時に非常に大きく、根付いているのである。
その事は体験とともに、本で調べていくうちに少しずつ自分の中で明らかになってきている。

posted by OJ at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 生涯の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34142768

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。