2006年12月26日

アメリカで気づいたこと(一年半の復習4)

アメリカに来て今まで出気づいたことについては、英語という言語の壁によっての不自由を感じつつも、生きるということについてけっこうな自由があるということでした。

自由というのはアメリカの代名詞のように捉えられ、いくらかの人はアメリカだからこその自由だと思うのかもしれんけど、俺はそうは思わんのよなー。場所がどこであれ、自分が本当に望みさえすれば、難しさの程度はあるにしたってかなりの自由が手に入ると思うよ。

ようは自分次第。
それと、どこまでいごこちのいい今の環境を切れるかどうか。
posted by OJ at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30285395

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。