2006年12月24日

この一年半の復習1

日本を離れ、一年半がたつ。
その間にいったい何を学んだか。

まず大きいのは、自分が何もできないということを知ったことだと思う。何をする上でも言葉ができないということに何度も出会う。分からないから助けてもらわなければならない。そんなことを何回も経験した。

今までいくつか区切りというものがあった。たいていはどこか違う場所に行くということが多かったけれど。そんなときによく言われたのが、僕の英語はその人と出会ったときに比べて上達したということ。もしくは、初めてあったときに比べて、とても英語がはなせるようになったね、と。それを聞くといつも思うのが、今も自分はたいした英語を話してないのにと。そんなものだから、もし本当に上達しているのならば、その出会った当初というのはどれほどひどかったのだろうか。
まあ何にしても、成長というのは人に言われて初めて気づくことは多い。
posted by OJ at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30155273

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。