2006年10月15日

今日感じたこと

昨日、今日と今の自分の状況についていろいろ考えとったんよ。
最近弱音を吐くことが多いなぁとか、弱音を吐くことで自分の気持ちを下げてしまって、嬉しいことでさえ見えにくくしてしまっているようだ、とか。まあでも今、しんどいしなぁ、誰かに助けてほしいなぁとかいろいろと。
そんなことをしてたら、今日の朝思いついた。
「誰も俺のことは助けられん」って。
これは、なにも自分がめっちゃ不幸でどうしようもないとかいう意味じゃなく、いい意味でも悪い意味でも事実かなと思う。

たぶん、人は他人のことを救うことはできんのやって。
自分のことに忙しかったり、自分こそ一番苦労しているとか思ったり。
もしくはただ他の人を救うということに対して十分な興味が持てんかったり。
他の人を援助するくらいやったら、時々できるんかもしれんけど。

まあ、とりあえずは「誰も俺のことは助けられん」っていう結論にたどり着いたわけ。
そうすると、絶望、寂しさとは違って、なんか気持ちがスッとした。

今まで答えを探していろいろ訪ねてまわって、それでも見つからずにいて。
そういったことが一気に吹き飛んだって感じかなぁ。

もうすこし言えばこのときに得た感情は岡本太郎流の爆発に当てはまった気がした。
岡本太郎は俺が尊敬する人の一人であり、「芸術は爆発だ」の発言で有名な芸術家である。
ただ、彼の言う「爆発」っていうのは音も光も全く出なくてただ全てがパアーっと広がっていくことをいう。

自分があの結論にたどり着いたときはまさにそんな感じで、派手に何かが起きたわけではないけれど、今までのつらい気持ちを突き破って何かしらの喜びの感情が広がっていくみたいな感じやったんよ。

これが、今日感じたことでした。
posted by OJ at 12:08| Comment(3) | TrackBack(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そっかぁ。沢山、悩んで苦しんでいたんだね。気付けなくてごめんな。

そしてもしそういう答えの出ない悩みに陥って、どんどん自分の気持ちが下がっていくようになったら、俺にも電話して。

OJ君の言う助けると、俺の考える助けるっていうのはきっと違う意味をもっていると思うんだけど、俺は事実とか抜きにして、安心を与えるとかいうことも一つの助けじゃないかって思うんだ。って、自分がそういう気持ちを与えられるかって100%の自信なんてないけど、ただ、話を聞くことはできたなぁーって思う。

OJ君はOJ君の答えを見つけることができたのはよかったと思う。

でも、この日記を読んだ後の、自分の心の中には正直、葉っぱをすべて失って冷たい風に枝を大きく揺らされる、一人ぼっちの木が抱くやもしれない寂しさが残ってます。
Posted by ティール at 2006年10月15日 17:08
そんなことがあって電話してきたんか、ごめんな、気づかんくて。
Posted by さとる at 2006年10月16日 14:35
そうだね。一番大切なのは自分自身を受け容れることだろうと思うよ。全てがいいことだけじゃないからね、自分も。
Posted by sui at 2006年10月16日 15:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。