2006年09月06日

deepとgrowth

アメリカに来て、事あるごとに言っている言葉の中に、
"deep"と"growth"というものがある。

"deep friend", "deep conversation",そして "personal growth"などが主な使い方である。
つまりは、自分は深い話が出来るような親友が欲しいと常々思っているし、起こしている行動は全て自分がいかに成長できるかということを中心にすえて今までやってきた。それは場所がどこに移ろうと変わりそうにない。

ただ、ふと思ったのだが、これだけ自分の中心であると思われる考えでさえ、実際のところは自分もそれがいったい何なのかということは分からないでいるのだ。

何が深い話で、どこまで行けば友達は親友になるか。何が成長であり、どうすれば成長できるか。そしてどこまで成長すればよくて、その先になにがあるか。

今まで親友を得ようと、そして自分の成長を目指して進んできたものの、結局はそのもの自体が何なのかということがよく分かっていないというのが実情である。

よくよく考えてみれば、多くのことがよく分からず、それでも今までなんとなく分かったような気分で過ごしてきたようだ。

今まで、なんとなく聞こえのいい答えをどこからか持ってきて、それをよく知らずに自分の価値観の基準のひとつとして採用してきたように思う。それは確かそうに見えていたのだけれど、実はそれほどよく分かっていないものである。



そんな不確かなものをもってみんな生きていっているのである。そんなものが自分の中心にあるというのはなんとなく気色悪いものではあるのだけれど、今はなんとなくその気色悪さに惹かれているように思える。不確かな分、とてもおもしろいではないか。

そういえば、ハリウッド映画などでいい者と悪役が戦うなんてストーリーはやはり作り物であって、実際はきっと双方ともお互いの正義があって、行動する理由があって、何が正しいことかを見つける事は大変だと思うんだよなぁ。
posted by OJ at 14:34| Comment(3) | TrackBack(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もね、どこまで理屈っぽく考えていいのか分からないときがある。でも、私がここで学んだことは、「道徳」がいかに大切であるのかということ。アメリカに住んでるからって全てについて追求してたら、日本で学んだ道徳心を忘れるよ!お互い、日本人でいましょうね。
Posted by かおりん at 2006年09月08日 06:59
留学って何なんやろうね?
新しい価値観を自分の中にとりいれるということなのか?
それとも自分の中にある価値観をはっきりと際立たせるものなんかな?
Posted by OJ at 2006年09月13日 10:37
人それぞれ留学する意味って違うと思う。
でも、何かを求めてるのは誰でも一緒ね。
私は、アメリカでEducationを学びたかった。将来教育者として日本で教えるのにアメリカで学ぶのが一番いいと思ったから。
新しい価値観を求めて留学するのは少し違う気がするな。だって、そんなこと誰でもできることじゃない。もう少し具体的な目標があった方が留学する意味もある気がするのは私だけかな?
Posted by かおりん at 2006年09月15日 09:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23343680

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。