2011年10月25日

ある寄付

いろいろなことに興味がわき、たくさんのことを知りたいと思う。
そこで、今回また新しいことをしてみた。
それは、今週末におこなった「献血」について。

以前から興味はあったのだが、昨年までは決してしようとは思わなかった。
というのは、昨年まで、自分の血液型を知らなかったから。
そういうと結構珍しがられることもあるので、このまま自分の血液型は知らなくていいと思って過ごしてきた。
しかし、去年の夏の自衛隊の訓練において、ヘリコプターを乗るためには血液型の記入が不可欠と言われ、意思を曲げて、検査。
血液型を知ったからには、献血をやらない理由はない。

しかも、アメリカから帰国してから、週に3,4日を勉強しにミスドに行くので、自分の血液の検査をしてもらおうとも思い、昨日献血を体験してきた。


まず一番の感想は、献血をしに来ている人が意外に多い。
年代も大学生から50代までが待合室に何人も待っている。
時々道端で、献血をお願いしますというスタッフの人を見かけていたので、きっとほぼ誰もおこなっていないだろうというのは間違いだった。

初回ということで、いくつか書類を記入し、血液の安全性をみるための検査も行った。その間も、待合室にある飲み物の無料自販機から好きなように飲み物が飲める。

安全がある程度確認されたら、実際に献血ルームへ。歯医者にあるようなベットに楽な姿勢になり、目の前にあるテレビを見てのんびり15分ほど。その間に400MLの血液を採取。特に自分の行ったところは繁華街にあったため、疲れてちょっと休むには非常にいい環境に思えた。

採取が終わると、少し休憩をすべきなので、また待合室に帰る。その時はアイスも勝手に食べていいので、ゆっくり落ち着く。そうしてアイスを食べ、温かい飲み物で休憩すること10数分。今の時期は寒くなるということで、お土産としてカレーをお土産に頂き、帰途につく。また、ポイントをためると、さらなる記念品も贈呈とのこと。

次回までは少し間隔をあける必要があり、また自分の渡航の時期でもあるので、また帰ってきてからぜひ行こうと思う。少しすると、向こうから詳しい血液検査の結果もおくってきてくれるということで、かなりいい体験だった。また定期的に行いたい。
posted by OJ at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。