2011年08月31日

デビュー

なにかしらふと、新しいものを始めることが、前からよくある。
自分の今の場所に停滞していたくないということだったり、ちょっとした思いつきからというような理由であったりするが、新しことを始めることに関するハードルは低い。
自分が飽きやすいということを知っているからこそ、少しでも興味があるうちに始めるようにしている。

そして今日始めたことは、華道。
初めての華道のレッスンに参加してきた。
自分が勤めている職場の塾長の奥さんが先生をしているということで、気軽さもあった。

なんとなくで始めたものだから、全く知識はゼロから。とりあえずの基本を習った。
指導に従い、まずはメイン(主)を置き、その前後にその主を活かすように花を刺していく。
刺す際に何を考えるかなどは全く習わなかったので、とりあえずテキトーに綺麗なような感じでだんだん埋めていった。
その後先生に見てもらい、直しを受けると確かにもっときれいになった。
「限られた材料の中でいかに大きく見せるか」などなど、「道」という言葉が付くだけあって奥が深い。
まあこれから徐々に、なんかわかっていけばいいなぁ。


もう一つ、最近始めたのは、エスペラント語。
同時に語学を始めるのはよくないというのはもうわかりきっているのだが、ふと手に取って始めたのが先の誕生日。
見ると、文法事項は人造言語というだけあって非常にわかりやすい。
単語に関しても、英語やスペイン語、たまにロシア語語源などもあって、かなりとっつきやすい。
とても気に入ったので、ちょっと始めたらはまってしまった。特に覚えられないロシア語につかれていた時期だったこともあったので、あまりにすんなり進んでいくエスペラントが非常に心地いい。
ヨーロッパなど各地にエスペラントを知る人々は多いようで、またこれでおもしろい人と知り合えそう。
神戸には毎週定期会があり、この前一度顔を出しておいた。これからはもっと参加できそう。
ついには、自分のお気に入りの名著エンデの「はてしない物語」のエスペラント語を購入。
初心者が一冊目の読書として手を出すべき本ではないのかもしれないが、自分の好きな物語を辞書を片手に読み進める時間は楽しい。先週から毎日3分の1ページくらいしか進まないけれど、それでもスペイン語とロシア語の勉強の休憩として毎朝楽しんでいる。


これらの新規で始めたことは、どこまで続くかはわからない。
でも、今はやっていてとても楽しい。
posted by OJ at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。