2010年11月29日

友人の結婚式に参加した

先週末、幼馴染の結婚式に参加するため、高知に行って来た。
日本での結婚式に参加するのが初めてだったため、いろいろ人に聞きつつでの参加。
でも、実際参加してみるとなかなか面白いものだった。

その友人とは、中学まで同じ。
そこから彼は単身高知へと行ってしまい、そこから交流はほとんどなかった。

なので、結婚式で出たスライドショーを見たり、高校や大学での知り合いなどの他の参加者を見てみると、いかに自分がその友人を知らないかということに気づく。

まあ考えてみると、それも当たり前なのかもしれない。
自分のほかの友人のことを考えてみても、知っているようで知らないことはめちゃくちゃある。
ある時間を共有することはあっても、それはその人の人生のなかでの一部だから。


それでも、その結婚式に参加して、二人の写真を見たり、他の人に祝われているのを見ると、きっと彼はいい時間を高知で過ごしてきたのだなと感じた。
じぶんにとってはめちゃくちゃ遠くにある「結婚」というものが少し身近に感じられた。
posted by OJ at 17:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
遠いとこ来てくれてサンキュ!!
俺も、中学→高校はもちろん、高校→大学も一人も同じ進路をたどった同級はいないのです。

だから、実は幼稚園→小学校→中学校の10年一緒のフーチが、あの出席者の中で同じ環境にいた最長。あとの神戸組2人がその次に長い。ただ、その後11年もブランクがあるので、そんな感じはせんけど。

でも、自分の結婚式も、人の結婚式も、結婚式というのはいいもんやなってのが実感。こんなことでもないと、なかなか再会できんしね。
Posted by おみゃー at 2010年12月12日 02:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/171159355

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。