2009年01月14日

シーシュポスの例ーカミュ5

今日はたまたま、ネットでおもしろい文章を見つけたので載せる事にします。

これもまた、自分の意識の外から動かされる例について述べているとも、読めるように思います。


『ほぼ日刊イトイ新聞』 1.13.2009から

忘れてんだーっ!
 「あなたは眠くなってから寝るから」と、
 家人に言われたときに、
 「え。みんなそうじゃないの?」と思ったのでした。
 ちがうんだって。
 寝る時間になったら寝るんだって‥‥。
 ああああ、そういえば、そうだったよ!
 寝るって、寝る時間になったら、寝ること。
 いつのころからか、ぼくは、
 「起きていられなくなったら寝る」と、
 考えちがいをしてました。
 考えちがいというより、忘れてた、ふつうの就寝を。

 これは、「ほぼ日」をはじめてからの副作用です。
 初期のころに、寝るのがもったいないとか思いつつ、
 新しいインターネットの新聞とかをやりはじめていて、
 こんなんなっちゃったのでした。
 
 そういえばね、ベッドに入ったら、
 すぐに眠れるのが自慢だったんだけど、
 眠くてしょうがなくなってから床にはいるから、
 すぐに寝ちゃうというわけだったのね。

 今年は、こういうのやめようと思いました。
 眠くならないうちに、就寝の態勢につく。
 そして、自然にしだいに眠るのを味わう。
 これで行きます。

・そういえば、部屋の掃除にしても、まちがってたなぁ。
 散らかったり、汚くなったら掃除する。
 そういうふうに思っていたけれど、これはちがうな。
 散らかってなくても、汚れてなくても、
 その前段階にはあるんだから、日々、掃除する。
 これが正解だったんじゃないか‥‥。
 そりゃ、下着だって汚れてないと思っても、
 毎日着替えるもんな。
 食事の前、汚れが見えなくても、手を洗うもんな。
 このような基本的なことを、還暦になって、
 ようやく「理解した」ワタクシを、お笑いください。


posted by OJ at 05:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 実在主義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112582160

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。